Entry採用担当者より

就活中の皆さんへ

「会社で働いたことがないので、分からない」
「入社してみないと、分からない」

学生の皆さんにとっての就職活動は、きっと「分からないこと」だらけだと思います。
情報の非対称性が生まれているので、致し方ないことです。

しかし、それを言ってしまっては、「元も子もない」と思ってしまうのが企業のホンネです。
私たちが皆さんに求めることは、「その結論に至る前に、どれだけ考動することができたか」です。

お互いがハッピーな結論に至るために、
皆さんに配慮はしますが、遠慮はしません。

ご自身のこと、シンプレクスのことを「徹底的に知ること」にこだわってください。
その結果、自分の進むべき道は「シンプレクスではない」という結論に至る人もいると思います。
逆説的ですが、「お互いのことを知り、正しくすり合わせることができた」とも言えます。

それで良いと思っています。
ひとりでも多くの方と、ハッピーな結論に辿りつけるよう、私たちも最善を尽くすことを約束します。

最後に、
就職活動中の皆さんにメッセージを送ります。

現状に対する文句や愚痴を言う批評家になるのではなく、
改善や改革を行う行動家を目指してほしい。

周囲の目を気にして前例に倣って仕事をするのではなく、
未踏の地にいることにワクワクし前例に囚われず思い切り暴れてほしい。

決められた範囲で責任を全うするのではなく、
境界を設けず常に「あるべき姿」を突き詰めてほしい。

結果の平等を主張するのではなく、
機会の平等を最大限楽しんでほしい。

皆さんの挑戦を、心から楽しみにお待ちしています。