Entry求める人物像

シンプレクスが求める人物像とは

以下の3点は、シンプレクスが人財に対して求める「必須能力」です。高難易度の事業領域で、プロフェッショナルとして活躍するために必要不可欠な要素。シンプレクスの新卒採用選考では、これら3つを最重要評価項目として位置づけています。

  • 1.

    地頭の良さ

    シンプレクスの言う「地頭の良さ」とは、単に「論理思考力の高さ」だけを指しているわけではありません。一般的に論理思考力とは、「与えられている前提条件に対して、正しく論理を積んで思考を進めていく力」を指します。しかし、実際のビジネスの場では、前提条件を与えてもらえない状態が多々あります。ものごとの本質を捉えて、自ら思考のスタート地点である前提条件を設定し、その上で筋の通った思考を積み上げていく。その「柔軟性」と「論理性」をあわせ持つ人物を、シンプレクスでは「地頭が良い」と評価します。

  • 2.

    バランス感覚

    シンプレクスは、ITや金融といった複数の専門性を掛け合わせて、クライアントの収益最大化を実現しています。日々の業務では、個々人のタスクに対して集中的に取り組む力に加え、個々のタスクが持つ意味・意義をプロジェクト全体の視点から把握することが求められます。こうした「ミクロとマクロの切り替え」だけでなく、自分の言葉が正しく相手に伝わっているのかを相手の視点に立って考える「主観と客観の切り替え」も重要です。ミクロとマクロ、主観と客観、必要に応じて視点を切り替えられる「バランス感」を重視しています。

  • 3.

    ガッツ

    高難易度・高品質の業務が求められるシンプレクスにおいて、日々、社員が対面するプレッシャーも非常に大きなものとなります。クライアントの期待値を超え成果を出し続けるためには、単に「体力がある」「忍耐力がある」だけでは不十分です。厳しい環境下において、より高い目標に挑み続けることができる、エネルギーレベルの高い人財が求められます。「スキルを身につけたい」でも「他者から評価されたい」でも、何でも構いません。「強い欲求」を実現するために、全力でビジネスに打ち込める方を歓迎します。