Simplex People

柳澤 翔矢

Shoya Yanagisawa

金融フロンティアグループ

2016年 新卒入社

早稲田大学 文学部

早稲田大学文学部哲学科を卒業後、2016年に入社。これまで一貫して証券会社を対象にしたインターネット取引関連のプロジェクトに従事。1年目終了時にシンプレクス史上最高水準の評価を獲得した。

好きだからこそ熱中できるし頑張れる。 尊敬し合える優秀な仲間と仕事を追いかけ続けたい。

シンプレクスへの入社を決意した最大の理由は?

 正直、就職活動を開始した当初は、確固たるこだわりを持てないでいました。専攻である論理学を勉強する中で形式言語を学び、プログラミング言語のルーツとなっていることを知り、文系ながらITシステムに興味を持っていたのは事実ですが、なんとなく有名どころの企業を受けていくうちにシンプレクスとも出会いました。  すると、面談してくれた社員の方々が話しやすく、今までのモヤモヤしていた気持ちを素直に話すことができたんです。そしてこう言われました「要するに君は優秀な人と仕事がしたいんだよね?」と。スッキリしました。「そうだよ、それだよ」と(笑)。やっと自分の本音を具体的な言葉に落とし込むこむことができたので、あらためて就活で出会った人たちを振り返ってみたら、答えも簡単に出ました。「シンプレクスしかないな」と。

研修を終えて配属後、どのように仕事をしてスキップ(飛び級)を実現した?

 指導担当になってくれたユニットリーダーは、前年度新人のNo.1実力者だったこともあって「1年でこの人の水準まで行くなんて無理」と思えるほど力の違いを感じさせてくれました。周りを見回しても、圧倒的な技術力の持ち主がいるかと思えば、普段はフワっとした印象だけれどもチームを完全に掌握していてまとめあげている先輩もいるし、とにかく強力なタレント集団。燃えましたね(笑)。  配属当初から「スキップを狙いたい」と公言していたので、それであれば、と先輩方は積極的に私に仕事を任せてくれました。まずは、動いているシステムの仕組みを知るためにバグの原因調査&修正を経験し、その後ほどなくして、「システムが正常に動作するか」を検証するテストシナリオ作成を任せてもらいました。さらに並行して、追加機能の開発業務も担当することとなり、三足のわらじ状態でした。  ITも金融も、新しくて難しいことを自分のものにしていくのが楽しくてしょうがなかった。そうして気がついたら、パフォーマンスが上がっていて、先輩たちに言われたんです「もうひと頑張りしたら、スキップできるぞ」と。昇給や昇格のために頑張ったというよりは、ここまで言ってくれた先輩たちを喜ばせたくて、それで「もうひと頑張り」をした結果が初年度の評価につながったんです。

初年度で史上最高ランクの評価を受けた今、将来に向けてどんな思いを持っている?

 仕事はやらされるものではなくて、好きでやっていくものだと思うんです。好きだからこそ熱中できるし、もっと良い成果を出そうと頑張れる。わがままだと思われるかもしれませんが、「そう考えている人としか働きたくない」。それが本音です。  スキップさせてくれたということは、「今後もこの勢いで伸びてくれ」という期待も込めてのことだったと思うので、これからも変わりません。燃えることのできる仕事を、尊敬できる人たちと一緒に追いかけます。  これから入ってくる人たちにも「どんどんオレに挑んで来い」と言いたいですね。年次なんて関係ありません。私に危機感を覚えさせるような、そういう力強い後輩と一緒に仕事ができれば、私自身も成長できます。だから、ちょっと偉そうな(笑)、良い意味でヤンチャで生意気な後輩の登場を楽しみに待っています。

好きだからこそ熱中できるし頑張れる。 尊敬し合える優秀な仲間と仕事を追いかけ続けたい。