Simplex People

高橋 洋介

Yohsuke Takahashi

金融フロンティアグループ

2007年 新卒入社

東京工業大学大学院
理工学研究科

東京工業大学大学院で集積回路システムを研究しており、就職活動ではメーカーやITコンサルティング業界を検討。選考で出会ったシンプレクス社員の「熱量」「技術力」に惹かれ、2007年にシンプレクス入社。主に証券会社を対象とするトレーディングシステムに携わり、上流から下流まで全フェーズを経験。マネジメントを任される一方で、「ものづくり」のプレイヤーであり続けることにもこだわりを持っている。

「無茶ぶり」の連続。 それこそが圧倒的な成長スピードを手にする秘訣である。

複数の選択肢がある中で、シンプレクスに入社を決めたのはなぜ?

 「人の熱量」と「技術力に自信を持っていること」が決め手でしたね。ITコンサルティング業界以外にもメーカーも見ましたが、成長を志向している点、ものづくりへのこだわりを持っている点が圧倒的に突出していました。私が魅力に感じたその2つは、入社してからもギャップは全く感じませんでした。  「金融」領域はまったくの初心者で多少の不安はありましたが、入ってしまえばどうにかなるものです(笑)。現在は、新卒採用にも参加する機会が多いので、学生からもそういった質問(相談)をよく受けます。たしかに他の企業と比べても、やっている仕事のクオリティやレベルは高いですし、私自身も入社後早々に金融工学周りのアルゴリズムに携わったときは、毎日勉強し喰らいついていくのに必死でした。ただ、自分たちが作り上げたアルゴリズムに基づいて株式が自動売買される光景を目にしたときは、感動にも似た醍醐味があったことを覚えています。結局、目の前の仕事に面白さを見い出し没頭することが出来るかが重要なんだと思います。

新卒で入社し10年が経過した今、モチベーションの源は何なのか?

 改めて「何がモチベーションか」を考えると、真っ先に思い浮かぶのはお客様の存在です。仕事の中身そのものが面白いと思えるのも、結局はお客様と一緒に考え、手を動かして「ものづくり」をしているからだと思います。しかも、シンプレクスは一気通貫で上流から下流まで全フェーズにコミットします。システムの運用・保守にも携わるので、実際に使われているシステムの改善点を見つけ、追加開発を行いさらに完成度を高めていくことも経験することができる。常にお客様と一緒に仕事を進めていく中で、「このシステム、最高だよ。」と言われればこんなに嬉しいことはないですね。自分ではない「誰かが」考え、設定した通りに「作らされる」のではなく、「自分自身で」考え、作るからこそ面白いし、そのプロセスをお客様と一緒にたどり、最後には直接感謝される。そうなれば、次はもっといいものを作り上げよう、と思えてくるんです。

「ハードワーク」というイメージも学生の間ではあるようだが、それを聞かれたらどう答える?

 「そうだよ」と二つ返事で答えます(笑)。ただ、先ほども言った通り、面白いから夢中で仕事をするんです。納得のいかない仕事を大量にやらされる、という意味のハードワークとは全く違います。意味ある「無茶ぶりが多い」というのがシンプレクスのハードワークだと思います。例えば、私が1年目の時に「アルゴリズムについて話をしてこい」といきなり独りでお客様先に行くことになりました。正直、戸惑いましたが…想定されるやりとりを徹底的にシミュレーションし、必要な知識をとにかく必死に勉強してお客様先に通ううちに、何をすべきか、自分たちに求められることは何か、といった事柄を理解できるようになっていきました。  10年経った今では、私がプロジェクトメンバーに無茶ぶりをする立場です(笑)。若い頃にも感じていましたが、立場が入れ替わった今、確信しています。無茶ぶりの本質は、「若手の成長に対する期待の表れ」だと。楽にこなせる仕事ばかりしていても、成長には繋がりません。だからこそ、あえて少しだけ高いハードルを設定する。お願いをする側にも勇気が要るんです。メンバーの失敗は自分の責任ですから。それでもあえて、無茶ぶりをする。早く育ってもらいたいし、より強いチームになっていきたいから。だから、成長のためなら喜んで高いハードルに挑戦する、そういう尖った人財にどんどん入ってきてほしいですね。

「無茶ぶり」の連続。 それこそが圧倒的な成長スピードを手にする秘訣である。