Simplex People

保科 悠輔

Yusuke Hoshina

金融フロンティアグループ

2015年 新卒入社

一橋大学大学院 商学研究科

埼玉大学理学部物理学科を卒業。一橋大学大学院にてMBAを取得した後、2015年にシンプレクス入社。株の取引システムに携わり、現在は信託銀行に常駐をしてシステムの運用・保守を担いながらクライアントのニーズに応えている。

「突出した個」が活躍する中、「チームの力を引き出す個」として突き抜けたい。

コンサルティングファームの内定を蹴ってシンプレクスへ入社した理由は?

 「最も正しい課題解決」ができると感じたからですね。就職活動の開始当初は戦略系コンサルティングを中心に見ていました。今思えばMBAホルダーあるあるですね(笑)。就活を進めていく中で、素朴な疑問に突き当たったんです。お客様の経営課題に対して解決策を提案するのがコンサルタントのミッションなのに、「なぜ提案止まりなのか?」と。提案で終わるのではなく、そのプランを形にするITコンサルティングという仕事へと徐々に興味が移っていきました。しかし、システム開発や保守ばかりを仕事にしてもそれはそれで「課題解決」とは言えない。お客様とともに戦略を練り、それを形にし、結果までしっかりと見届ける、上流から下流までPDCAサイクルすべてを担いたい…その考えとシンプレクスのコンサルティングスタイルが合致していたんです。解決手法であるテクノロジーを理解した上で上流フェーズを担えるのなら、それこそがベストな課題解決だと。  また、当時のシンプレクスは、ちょうどMBOをした直後。成長に貪欲で型に囚われない新しいチャレンジをしようとしている点も背中を後押しする材料の一つでした。変革期真っ只中なのでハードワークだというイメージはありました(笑)。でも、最初から「楽な仕事をしたい」なんて発想は私にはなかったので、「望むところだ」という気持ちで入社を決めましたね。

現在の業務の面白みは?

 担当プロジェクトが運用・保守の段階を迎えていることもあり、お客様のオフィスに常駐して仕事をしています。一般的には、ITコンサルティングプロセスにおいても「運用・保守」フェーズは地味な印象を持たれがちですが、このフェーズにこそ大きなビジネスチャンスがあるとシンプレクスは考えています。実際、システムだけを見ていても、お客様の考え・ニーズの本質を掴むことはできません。障害発生時も新機能追加時も、「シンプレクスの代表者」としてお客様と最初に向き合う立場である今だからこそ、お客様の考え・ニーズを真っ先に聞くことができます。最前線でお客様と席を並べているからこそ聞ける声があります。さらなる課題解決のチャンスが目の前にいつも転がっているようなものです。単なる「便利屋さん」ではなく、交渉をしたり、提案をしたりと裁量を持って自由に活躍することができる場だと思っています。

「突出した個」が多数活躍するシンプレクスで、あえて「チームの力を引き出す個」として成長しようとする理由は?

 もともとチームワーク好きな性分で、コミュニケーターとしての役割も求められる今の業務は、自分に向いていると思います。それに「次のプロジェクトでは最上流のフェーズに挑戦したい」と考えているので、その時にチームをまとめていけるよう、成長しなくてはなりません。入社当初、私は「何でも自分で巻き取って仕事をしてしまう癖」がありました。そんな時、尊敬する先輩から「自分一人でやりきるだけが仕事じゃない。周りをうまく活かすプレイヤーも必要なんだ」ということを教わったんです。ひとりでは到底なし得ない仕事が、チームならば実現できる。チームを束ね、より大きな成果を創り出すことがマネジメントの魅力だと思っています。「一見すると個人プレイの集合体だけど、結果的にものすごいチームプレイである」というのがシンプレクスらしさだと私は感じています。強烈な個性を持った「名プレイヤー」が多く存在している会社だからこそ、シンプレクスのマネジメントはきっと面白い。そんなチームで「プレイングマネージャー」として活躍すべく、今はひたすら、目の前のことに必死に取り組んでいます。

「突出した個」が活躍する中、「チームの力を引き出す個」として突き抜けたい。