Simplex People

藤村 潤一

Junichi Fujimura

金融フロンティアグループ

2015年 中途入社

神戸大学 経済学部

神戸大学を卒業後、フューチャーアーキテクト社に新卒入社し、その後アクセンチュア社へ転職。一貫してITコンサルティング畑を歩み、2015年にシンプレクスに参画。入社以来、非金融系領域のプロジェクトで前例のない新しい取り組みを続けている。

既存事業に縛られず、可能性を挽き出すパイオニアで在りたい。

フューチャーアーキテクト、アクセンチュアと経験を積み、シンプレクスに入社した理由は?

 大学を卒業し、フューチャーに入ったのは「ITで世の中をデザインしよう」という理念に共感したことと、高い技術力を持った人が多数いたからです。アイデアを形にしていく経験を積み、その後、更に難易度の高いコンサルティング経験を積みたいと思いアクセンチュアに転職をしました。今度はコンサルティングを軸にITに触れていく立場として、体系化された知見やフレームワーク、グローバルにビジネスをしていく経験を多く積むことができました。様々な案件を担当するうちに、金融関連のプロジェクトにシンプレクスも参画していて、存在を意識するようになったんです。実はこのアクセンチュアで一緒に働かせてもらった先輩が一足先にシンプレクスに転職をしていて、よくシンプレクスの話を聞いていました。アクセンチュアの大先輩である金子さんが率いている会社だし、提唱している理念にも大いに共感できました。また、前職と同様に高い技術力の持ち主がそろっていること、アクセンチュア同様に組織でビジネスを変革していることも知り、魅力を感じました。その後、シンプレクスが非金融領域で大きなチャレンジを始めるから一緒にやろうと先輩から誘われ、挑戦する決心をしました。挑戦に踏み切った最大の理由は「未知の領域を切り拓いていく仕事ができる」からでした。

非金融領域のチャレンジとはどのような取り組みか?

 シンプレクスはこれまで、銀行、証券会社、FX事業者、保険会社など、金融フロント領域向けにITコンサルティング~システム開発を展開してきた会社ですが、今取り組んでいるのはERP(Enterprise Resources Planning)の領域です。平たく言えば、経営に必要な要素(情報)の一元管理を実現するITソリューション、という感じですかね。金融フロント領域にビジネスドメインを限定せず、全産業向けにビジネスチャンスがあると言えるのが特徴です。

現在のミッションと今後についてどのように考えているか?

 私の役割は、アライアンスパートナーと共同開発している新ERPパッケージを、多様な業界の企業に提供していくこと。現在は、最初の導入先として決まった超大手クライアントと向き合い、社内業務に適応させていくプロジェクトにリーダーとして参画しています。アクセンチュア時代も、プロジェクトが変わるたびに、新しい業界・テーマと向き合う立場にいましたが、これほど新しいことづくしのミッションは初めてです(笑)。それでも、こういうことがしたくて来たわけですから、充実した気持ちで働いています。  クライアントの事業・業務をいち早くキャッチアップすることが求められます。業界本のようなものを読んだり、お客様にも質問したりして教えて頂きます。「そもそもどういう業務フローか」「そこでシステムに求められる機能は?」というように直感的に当たりをつけつつ、現実的な課題と突き合わせて「やるべきこと」を論理的に決めていきます。右脳と左脳の両方をバランスよくフル稼働させることで解を導き出す、とんでもなく疲れることもありますが、きちんと解に到達することが出来ると面白くてしょうがないですね。最終的には2019年にカットオーバーする大プロジェクトですが、必ず成功させたいと思っています。  シンプレクスは金融の世界で成功してきた会社だというイメージが強かったですが、入ってみたら実に多様な人が共存しながら結果を出している組織でした。ですから、金融以外の世界にも絶対に価値を創っていけるはず。その突破口を拓く、という使命感もあるので、ワクワクしますね。

既存事業に縛られず、可能性を挽き出すパイオニアで在りたい。